DOBOKU LIFE土木の現場やインフラがわかるWebマガジン

仙台工業高等学校生現場実習!

6/28〜6/30の3日間、仙台工業高校土木科の生徒が産業現場実習で高野建設に来てくれました。

今年は座学や技術的な指導ではなく、実際に高野建設で施工している現場の見学を中心に、体験型の現場実習を行いました。
各現場ではどういう工事を行っているか、書類を使っての説明や実際の工事現場を見てもらいながら
現場監督本人が高校生に説明をしていきます。
高校生の二人には難しい部分もあったかもしれませんが、熱心にメモをしたり写真を撮影する姿に
「知りたい」という気持ちが表れていました。

_MG_7956_re

_MG_7997_re

_MG_8053_re

_MG_8077_re

_MG_8083_re

_MG_8124_re

_MG_8148_re

_MG_8169_re

実習の後半は、施設の見学です。
まずは協力会社の電線共同溝施設を見学させていただきました。
工事が終わってしまうと見ることができない、地中に埋まっている施設を見ることで、
だいぶイメージしやすかったのではないでしょうか。
七ヶ宿ダムの見学では構造や役割を知る他に、普段目にすることがない大きな規模の構造物を見て
彼らも感動しているようでした。

_MG_8204_re

_MG_8202_re

_MG_8224_re

_MG_8237_re

_MG_8300_re

3日間の実習で現場の全てを知ることはできませんが、学校では教えてくれないことを体験したり、実際に現場で働いている人と話せたことが楽しかったみたいです。
この研修を機に、彼らが建設業に入職し、同じ現場でともに公共土木インフラを作っていくことができたら嬉しいですね。
_MG_8198_re

 

2017年度新卒を募集しています!